知っているようで知らない!?育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い

知っているようで知らない!?育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い

ReveX

 

星の数ほどとまでは言いませんが、大量にある薄毛対策用の商品。
年々進化を続け、さらに増えている状態ですよね。

  • この育毛剤がいい!
  • 発毛剤にしか効果はない!
  • 新しい理論に基づいた養毛剤!

こんな謳い文句が常に踊っているこの育毛業界ですが、そもそも育毛剤と発毛剤と養毛剤って何か違うの?という人も多いと思います。

 

実は明確な違いがあって、それを知識として知っているほうが薄毛対策も上手くいくことがあります。
ここではいまさら聞けない育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いを解説していきたいと思います。

 

育毛剤ってどんなもの?

育毛剤はその名の通り、毛を育てるものです。現在ある髪を太く健康に育てることを主目的としていて、そのために頭皮環境を改善する成分や髪を健康に保つ成分が配合されています。
一般的な薄毛対策として一番使用されている育毛剤ですが、直接的に髪の毛を生やして薄毛を改善するというものではありません。

 

ここはマーケティング力にやられている部分ですが、育毛剤=髪の毛が生えてくると考える人が大半かと思います。ですが、実際には髪を生やす効果は薄く、現状を維持し緩やかな改善が起こる商品という認識が正しいんです。

 

そもそも育毛剤は医薬部外品という分類にあたり、厚生省が許可した有効成分が配合されているというだけです。
つまり効果が出ようが出まいが、認めた成分さえ入っていれば医薬部外品として販売できますよというものなんです。
なので、今現在薄毛が進行しきっていて髪の毛を生やしたいという人には育毛剤はそこまで効果的ではありません。
これから先のために予防として使うくらいが丁度いでしょう。

 

発毛剤ってどんなもの?

発毛剤はこれまたその名の通り、毛を生やすものです。インターネット上のサイトなんかでは、育毛剤と発毛剤が混同されていますが実際は全く違う効果を発揮するものです。

 

大きな特徴としてはミノキシジル、フィナステリドといった発毛効果を認められた成分が入っているということです。これらの成分は、育毛剤とは違い「髪の毛が生えてくる効果がある」と認められていて実際にしっかりと生えてきます。

 

また、育毛剤が医薬部外品であるのに対し、発毛剤は医薬品という分類です。そのため医師の許可のもの処方されるか、薬剤師のいるドラッグストアや薬局でしか手に入りません。今のところ薄毛に対して一番の効力を発揮するのがこの発毛剤です。

 

ただし医薬品である発毛剤の成分には、副作用の可能性があります。現に未成年への発毛剤の使用は禁止されていたり、妊婦や授乳期の女性にフィナステリドを使用することも禁止されています。

 

発毛剤は効果が高い分、使用には注意が必要ということですね。

 

養毛剤ってどんなもの?

養毛剤という言葉は聞きなれない人が多いかと思いますが、効果としては「頭皮環境を整える」というものです。
そう聞くと育毛剤と同じじゃない?と思うかもしれませんが、養毛剤のほうが育毛剤よりも効果がソフトであり、髪の毛よりも頭皮に対して働きかけるという違いがあります。

 

具体的には、

  • フケや抜け毛の防止
  • 頭皮の環境を正常に保つ
  • 頭皮に栄養を与える

というもの。

 

分類も化粧品にあたり、厚労省が認める有効成分も入っていません。

 

現在薄毛に悩んでいる人や、ちょっと薄くなってきたかもと思っている人が使っても効果はでません。
将来薄くなるのが嫌だからすごく早い内から予防しておこう!というような人であれば使っておいてもいいかもしれませんね。普段使うシャンプーやトリートメントのような感覚でしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?これだけ明確な違いがあるのは意外ではなかったですか?
これらの違いが分かっていれば、今の自分の状態に応じてベストなものを選択できるかと思います。

 

それと、この違いを知っているとメーカーの嘘や、商品のショボさに事前に気付けたりするんです。
例を挙げると、

  • 養毛剤なのに髪が生えてくると謳っている
  • 養毛剤なのに抜け毛が完全に止まると言っている
  • 育毛剤なのに発毛剤並に生えると宣伝している
  • 育毛剤の成分なのに発毛剤の成分より上だと言っている

こういった宣伝を公式ページでしているようなメーカーは使う前に駄目だと気付くことができます。

 

知らなければ分かりませんが、意外と多いんですよこんなメーカー・・
これからはちょっと気を付けてチェックしてみてくださいね。


page top